会社選びについて

住みやすい住宅は人によって異なります。ですから住む人の理想とする住宅を設計する場合依頼者によって全く異なるデザインになります。このような依頼者の理想の住宅をかなえる建築の方法として注文住宅があります。注文住宅は設計や使用する材料までこだわりを持って建築することができます。もちろん建築士や設計士など設計にかかわる人は専門の知識や豊富な経験を持っていることも多く設計時にアドバイスや提案を行ってくれます。しかし依頼者側がどういった住宅を建てたいかというイメージを持っておくことは非常に重要です。マイホーム建築の為に雑誌に紹介されている住宅の中で自宅に採用したいと思う設備や仕様を切り抜いて集めることも有効です。設計打ち合わせの際にそういった資料を提示することでよりはっきりとしたイメージを相手に伝えることができるのです。建築会社によっては設計できる間取りに制限がある場合もあります。ハウスメーカーやハウスビルダーなどがこの一例です。こういった企業では構造や躯体に使用する材料はあらかじめ決められています。さらに間取りの区画も制限がある場合があるのです。こういったあらかじめ制限されている中で仕様を決定すれば比較的ローコストで住宅を建築することができます。しかしこの制限を超えて大幅に仕様を変更すると費用が急激に高くなるのが特徴と言えます。こういった制限がある場合イメージ通りの設計が難しい場合も少なくありません。代替案で納得ができるのであれば問題ありませんが納得できない場合異なるメーカーに依頼することも必要です。場合によってはメーカーが変われば建築可能な場合もあるのです。